スピルリナは効果的

スーパーフードの中でも飛び切り人気があるのが「スピルリナ」です。スピルリナは栄養価が高く、なんとその数は70種類以上と言われている恐るべき健康食品です。緑色のスピルリナは、30億年以上も前から存在する藍藻類で、単細胞微細藻類に属する生き物です。

幅は、0.0008mm以下で長さも0.5mm以下と言われていますので目にも見えないほどの小さい生き物なのにどこにそんなパワーを秘めているのでしょうか?らせん状をしているスピルリナの生息地は、南米やアフリカ、中東など熱帯地方が中心でその種類も35通りあります。小さなスピルリナの中でも繁殖力があるタイプを選んでいると言われています。

なぜ、スピルリナは生命力が高いのか説明すると、熱帯地方の高地に自生するには、そこで生き抜くための力が必要になります。スピルリナには、動物性の炭水化物であるグリコーゲンを自ら生成すると言われていて、通常の藻類では考えられない、動物的な特徴も併せ持つことこそがスーパーフードを代表する一つだと言えるでしょう

それだけ大昔から存在しているスピルリナですが、いつ頃から私たちの知ることになったのでしょう。実は、今から50年ほど前にスピルリナの栄養価について発表され国際会議がありました。そこで注目をあびたスピルリナの研究がはじまったそうです。

Pocket

Published by