スピルリナを取り入れよう

スピルリナは栄養価が高いだけでなく、消化率が90%以上もあると言われています。身体に入るものですから消化吸収に優れていないと何の意味もありません。人間の身体は、タンパク質で作られていますが、ビタミンの働きがそれらのタンパク質を代謝すると考えられています。スピルリナにはとても有効的なたんぱく源が大量に含まれています

また、若く健康でいるためには欠かすことのできないビタミンB群が多く含まれています。脳の働きにおいてかかすことのできないビタミンB群は、老化防止などに効果があると考えられています。

スピルリナには、身体が錆びないために必要な鉄分も多く含まれていますし、何と言ってもリノレン酸を含んでいることが最大の特徴でしょう。これはオメガ6系脂肪酸のひとつで、肥満予防や血中コレステロールを低下する働きがあると考えられています。

さて、スピルリナの特徴がわかったところで、どのような食べ方が身体にいいのか確認しましょう。スピルリナは、粉末にすることで摂取するのが望ましいと言われています。スピルリナの粉末サプリメントが効果的な摂り方だと考えられています。粉末にすることで料理に入れたり、スムージーなどのドリンクにすると身体への吸収率もアップするでしょう。

また食物繊維も含みますのでダイエットにも効果的です。自分の身体作りのためにもぜひ摂りいれてみましょう。

Pocket

スピルリナは効果的

スーパーフードの中でも飛び切り人気があるのが「スピルリナ」です。スピルリナは栄養価が高く、なんとその数は70種類以上と言われている恐るべき健康食品です。緑色のスピルリナは、30億年以上も前から存在する藍藻類で、単細胞微細藻類に属する生き物です。

幅は、0.0008mm以下で長さも0.5mm以下と言われていますので目にも見えないほどの小さい生き物なのにどこにそんなパワーを秘めているのでしょうか?らせん状をしているスピルリナの生息地は、南米やアフリカ、中東など熱帯地方が中心でその種類も35通りあります。小さなスピルリナの中でも繁殖力があるタイプを選んでいると言われています。

なぜ、スピルリナは生命力が高いのか説明すると、熱帯地方の高地に自生するには、そこで生き抜くための力が必要になります。スピルリナには、動物性の炭水化物であるグリコーゲンを自ら生成すると言われていて、通常の藻類では考えられない、動物的な特徴も併せ持つことこそがスーパーフードを代表する一つだと言えるでしょう

それだけ大昔から存在しているスピルリナですが、いつ頃から私たちの知ることになったのでしょう。実は、今から50年ほど前にスピルリナの栄養価について発表され国際会議がありました。そこで注目をあびたスピルリナの研究がはじまったそうです。

Pocket

スーパーフードとは

スーパーフードについて説明します。テレビや健康雑誌で多く紹介されている「スーパーフード」ですが、実際はどのようなものかご存知でしょうか?海外で誕生した「スーパーフード」は、カロリー制限など食事療法を取り入れる医師をはじめとした研究機関が言い始めた言葉です。食事療法では、その目的によって食品を選んで摂取しますが、どれだけの有効成分が含まれているかが大きな鍵となっている場合が多くあり、そのような特別な食品=スーパーフードと捉えて分類しはじめたのが由来です。

スーパーフードは、低カロリーでありながら栄養価が高くて、体への吸収率もよいと言われています。また、抗酸化作用もあることから、リスクの高い糖尿病やガンなどから身体を守ると考えられています。スーパーフードは特別な食品のことを指しているわけではありません。通常、私たちが口にすることのできる食品と健康成分などが含まれているサプリメントとのちょうど真ん中に位置するという見方が多いようです。

スーパーフードが国中に広がりを見せているアメリカと隣国のカナダでは、次にあげる10のスーパーフードを推奨していると言われています。マカ・クコの実・チアシード・カカオ・アサイー・ココナッツ・麻の実・ブロッコリースーパースプラウト、カムカム、そしてスピルリナです。最近、ドラックストアでよく見かけるのが、スピルリナ、チアシードやカムカム、アサイーです。日本ではとてもポピュラーのようです。

Pocket